スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狐笛のかたな

狐笛のかなた (新潮文庫)狐笛のかなた (新潮文庫)
(2006/11)
上橋 菜穂子

商品詳細を見る

久しぶりに更新します。
面白い本を読んだので。

僕が最初に読んだ上橋菜穂子さんの本は「守り人」シリーズです。文庫版で読みました。NHKでアニメ化されるちょっと前ですね。もちろん「旅人」シリーズにもハマったし、「獣の奏者」も読みました。
でも「狐笛のかなた」はタイトルが悲しそうなイメージだったので後回しになっていました。それに「狐笛のかなた」よりも「獣の奏者」のほうが冒険の臭いがするじゃないですか。

読んでみたら、やっぱり悲しい話でした。いい終わり方をするんですけどね。ちょっと暗めの、表紙の狐のような、透明なブルーのイメージの本です。でも、読んだらが解れます。

過去は変えられない。だから過去に固執するのは愚かなこと。未来のために、過去にこだわらずに最善手を。

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://teikan.blog32.fc2.com/tb.php/698-43c33efe

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。