スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マスコミの印象操作について

(以下asahi.comより引用)

 菅直人首相が26日、東京都青梅市内で記者団に語った内容は次の通り。

 【医療介護の首相指示】

 「それじゃあの、私の方から一言。あの、今日はあの、この大塚先生がつくられた、あの、けいゆう……病院?(秘書官「慶友病院」)、慶友病院に視察にお邪魔しました。その中でいろいろ話を聞いた中で、今厚労省に、厚労大臣に対して、ま、総理としての指示を出すことに決めました。詳しくはお手元に資料も配っておりますが、ま、介護・看護現場で依然としてこの、人材が不足しているため、以下の点について取り組みを行うように厚労省に指示をいたしました。ひとつは、人材確保のための介護・看護職員の処遇改善に向けて、今後とも取り組むようにということです。もうひとつは、介護人材の活用のため、えー、在宅、介護保険施設、学校等において、介護福祉士などの介護職員が、たんの吸引や経管栄養等といった、日常の医療的ケアを、そうした人たちが実施できるよう、法整備の検討を早急に進めること。また、あわせて介護職員がこうした医療的ケアを適切に実施することができるよう、レベルアップ研修事業を本年度中に前倒しをして実施すること。ま、こういった点についての指示を出すことにしました。私からは以上です」

 【視察の感想】

 ――よろしくお願いします。

 「はい」

 ――改めてきょうの視察先を選んだ理由と感想を。

 「二つの点で、非常にあのー、私にとって大変大きな示唆をいただきました。一つはやはりあの、人間誰しも、あの、どこかで亡くなるわけですが、その、うー、亡くなられる、うー、までの、特に最後の間にですね、ま、あの、一般病院ではよくスパゲティ症候群と言われるようにですね、いろんな栄養剤を入れたりして、ま、患者さんも苦しい、家族も大変という中で亡くなられるケースが多いわけですが、ここの病院では、あの、尊厳を持ってですね、なるべくこう、ご本人にも苦しい目にはあわせない。そして人間的にもこう、おー、しっかりとですね、その人の人格というか、そういうものをこう認めた中でケアをしていくと。それには介護と医療が、こう、一体的に運営されることで、結果としては医療資源についてもより効率的な形になっているという、ま、そういう実態を改めて聞きまして、これは今後ますます高齢化社会が進む我が国にとって、大変、あのー、大きな要素で、今後考え方を一つ、制度のですね、あの、変えていく、制度を考えるんで、しっかりとそのことが最終場面こそ介護と医療が一体的に、いー、サービスを提供できるという態勢が重要だということは、一点、非常に強く感じました。

 もうひとつはあの、今の指示にも申し上げたように、あの、介護職員の、あるいは看護職員の皆さんが、働きたいんだけれどもなかなか、あのー、長期に働きにくいという、その条件をですね、できるだけ緩和していくというか、改善していくと。もちろんこれにはあの、うー、給与の問題等もありますが、それと同時に、あるいはそれ以上にですね、働く人たちの今度は育児とか、あー、いろんなですね、働く人の都合に合わせていろんな職種をここの病院の場合は変えていただけるんだそうですが、そういう形でこう、働く人にとっても働き、いー、働く、継続して働くことができるような、ま、そういうためのこのフォローをですね、ま、制度的にもできるところはしっかりしなきゃいけない。これはあの、厚労省だけではなくて、例えば学童保育の時間延長みたいなこともですね、あの、実際に、えー、介護の方が言われていましたが、ま、そういう点をしっかりあの、フォローしていくと。このように感じました」

 【中国漁船衝突事件】

 ――中国政府が謝罪と賠償を求める声明。応じる考えは。

 「ま、尖閣列島は我が国の固有の領土であります。えー、そういった観点からしてですね、あのー、謝罪とか、賠償とか、そんなことは考えられない。まったく応じるつもりはありません」

 ――現在のところ中国政府は強硬な姿勢を崩す見通しはなく、対立の長期化が懸念されている。中国との関係を回復するために今後どのように対応していくかお考えを。

 「まああの、この問題でやはり、双方ともまずは冷静になって、そして戦略的互恵関係を深めようというのが元々、おー、両国、あるいは私と温家宝総理や胡錦濤主席とも話をして、ま、そのことは中国側も、おー、戦略的互恵関係を深めるという点では、今も姿勢を変えないということを言われておりますので、まあそういう、双方冷静に、双方大局的な観点に立ってですね、行動することが必要だと、こう考えています」

 ――政府は今回の中国人船長の釈放について、検察庁独自の判断だったと説明しています。このような国家の主権にかかわる高度な政治判断を、検察が独自に行うことについてどうお考えか。

 「まあ、今回の、おー、手続きは、検察庁があのー、法に基づいて対応してきたと思うんですから、ま、検察当局がですね、事件の性質を総合的に考えた上で、国内法に基づいて粛々と判断をおこなった結果と、こういう風に承知してます」

 ――総理、総理。

 (秘書官「はい、ありがとうございます。すいません。まいります」)

 「……」

(引用終わり)

一連の外務省の弱腰外交がどうのとか、菅首相のリーダーシップがどうのとか言うつもりはありませんし、言えるほど真剣に新聞も読んでいなければニュースも見ていません。
でもこの記事は酷いなと思いました。普通じゃないなと思いました。ここまでやればいっそあからさまで清々しい感じすらしますかね?
ちょっと前まで小沢氏が的だったのにどうしたのかな?

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://teikan.blog32.fc2.com/tb.php/694-a127f477

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。