スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「宇宙誕生に神は不要」ホーキング博士ら、新刊で主張

(以下asahi.comより引用)

【ワシントン=勝田敏彦】英国の著名な理論物理学者スティーブン・ホーキング博士らによる宇宙論の新刊「ザ・グランド・デザイン」が7日、発売された。この本でホーキング博士は「宇宙誕生に神は必要ない」と主張。創造主の存在を前提とするキリスト教の指導者らから批判も出ている。

 物理法則には、「出来すぎ」と思える偶然の一致のようなものがいくつも見つかっており、ニュートンら著名な科学者には「宇宙は『神』によって絶妙にデザインされた」と考える人もいた。

 これに対してホーキング博士らは、宇宙は「無」から自発的に生まれると考えてきた。新刊では、量子力学に重力理論を組み合わせた研究成果から、「出来すぎ」に見えるものは「創造主なしで説明は可能」で、宇宙誕生の大爆発ビッグバンも「神に点火してもらう必要はない」とした。

 しかし英メディアによると、宗教指導者からは異論も相次いでいる。

 英国教会を指導するカンタベリー大主教のローワン・ウィリアムズ氏は、宇宙の中を説明するために人は神を信じるわけではなく、物理学は物事が存在する理由を説明できないという趣旨の反論をしている。

 やはり同教会の指導者であるスウィンドン主教のリー・レイフィールド氏は「ホーキング氏は、ビッグバンについての彼の理解を理由に、『神の存在を信じることが不可能だ』と言っているわけではない」と述べている。


(引用終わり)

 世界的に見れば日本の(僕の)考え方の方が珍しいのでしょうけれど、科学者の発言に宗教家が反論するというのは奇妙な感じがしますね。だって英国教会の某氏は、ホーキンス博士に対等に意見できるほど物理学に長けているわけでは(恐らく)ないのですから。門外漢が何を言うかって思うのが普通かなぁと。

 ガリレオやダーウィンの時代のようにはならないでしょうが、科学によって神の不在証明がされそうになると躍起になる宗教家を見ていると、宗教家自身が神の存在を信じていないのでは?と疑わしい気持ちになります。信じているなら、どっしり構えていればいいではないですか。科学者が何を言ったところで、揺らぐような信仰心では無いでしょう?

 因に僕は「神様がいたらいいなぁ」と思っている人間です。神様とか宇宙人とか未来人とか超能力者とか、いたらきっと面白いですよね。

コメント

天然自然の存在の創造主である神が実在しています

一般法則論のブログを読んでください。 一般法則論者14:22 2010/09/19

 ホーキンス博士は、自らの主体的な創造的な自由意思がなく、勝手に働くことなど絶対に出来ない自然法則+エネルギー一体不可分の存

在とその働きについて、自覚的な知識がないものだから、自然法則+エネルギー一体不可分の存在とその働きにはこの宇宙を自動的かつ必

然的に自然に生み出す事などできない、という初歩的で基本的な科学知識が無いのです。
 そこで、自然法則+エネルギー一体不可分の存在とその働きを天地創造の原理として道具のように使った創造主である神を自ら発見でき

ず、それはいらないというのです。

コメントありがとうございます

凄く濃いBlogでびっくりしました!時間ができたときにゆっくり読ませてもらいますね。
わかりやすくて都合の良い神様が、広く受け入れられるのかもしれませんね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://teikan.blog32.fc2.com/tb.php/693-b87b8e8a

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。