スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

免疫学個人授業

免疫学個人授業 (新潮文庫)免疫学個人授業 (新潮文庫)
(2000/12)
多田 富雄南 伸坊

商品詳細を見る


僕はこの個人授業シリーズが大好きなのです。

南伸坊さんが色々な分野の偉い先生に個人的に授業をしてもらって、南生徒がその授業から学んだこと、理解できた部分をまとめるという形式の『シンラ』という雑誌の連載企画です。他に生物学と心理療法があります。

このシリーズのどこがいいって、その分野のどこが面白いかがわかったような気になれるところがいいんですよ。決して「免疫学」や「心理療法」がわかったような気になるのではなくて、「免疫学のどこが面白いか?」がわかったような気になるところがポイントです。

因に免疫学の面白いところはですね、免疫は如何にして自己と排除すべき異物とを区別しているかというところです。

風邪を引く、花粉症になる、拒絶反応が起こる。全て免疫が異物を排除しようとして起こる症状です。

免疫が風邪のウイルスを無視すれば、ウイルスが増殖してその個体は死に至るかもしれないけれど、風邪の症状は出ない。逆に花粉なんかはいくら吸い込んでも死なないんだから無視してくれればいいのに、免疫が反応してしまうから花粉症の症状が出る。

では免疫は如何にして自己と排除すべき異物とを区別しているのか?

それから免疫は上等な脊椎動物しか持っていないらしいのです。では上等でない脊椎動物や甲殻類はどうやって病気から身を守っているのか?この辺も面白いです。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://teikan.blog32.fc2.com/tb.php/679-4b3347d8

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。