スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四畳半神話体系

四畳半神話大系 (角川文庫)四畳半神話大系 (角川文庫)
(2008/03/25)
森見 登美彦

商品詳細を見る

以前『夜は短し歩けよ乙女』をジャケ買いして、森見登美彦氏の作品が面白いのは知っていました。カバーイラストを描いている人が同じだったので森見登美彦氏の作品と気付き、買ってみることにしました。森見氏の新作だと思ったのに『夜は短し~』以前に書かれた本だったのですね。アニメ化するので平積みになっていたようです。

個人的には『夜は短し~』よりも面白かったなぁ。ちょっとネタバレしてしまうけど、ファンタジー小説として良くできていた。ちっともファンタジー小説だと思わずに読み始めたので、びっくりしてしまいました。

『夜は短し~』同様、京都が舞台で、登場人物もいくらか重複しています。登場人物の重複は手塚漫画のスター・システムみたいなものでしょうか。

言葉のリズムが小気味よくて、言い回しが面白くて、ついつい引き込まれてしまいます。とても読みやすいです。最初の一段落を読んだ時点で、この本は面白いと確信しました。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://teikan.blog32.fc2.com/tb.php/677-3dc39469

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。