スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出力

・インプットとアウトプット
多くの人が本はたくさん読んだ方がいいと言う。しかしまた、多くの人が本をたくさん読むだけでは駄目だと言う。昨日書いた三多もそうであるが、本を読む、つまりインプットに対して、表現する、つまりアウトプットが重要であると唱える人が少なくない。

・アウトプットが何故重要か
アウトプットは理解を深める手助けになる。表現をする過程で仕入れた情報の本質を理解するというのは納得しやすい。理解までは行かなくとも、自分なりの解釈という物をもたなければ良い表現は出来ないからだ。人に話しているうちに考えがまとまってくるといった経験は誰にでもあるのではないだろうか。

・アウトプットの機会
幸い今の世の中にはアウトプットの機会が昔と比べると増えたようである。語ることと書くことと芸術という手段は変わらないが、それを多くの人に伝える手段が出来た。即座に多くの人に伝えることが出来るというのは目的意識の形成に役立つ。目的意識は継続に役立つ。

・アウトプットする内容の質
アウトプットなら何でもよろしいと言う本もあれば、アウトプットする内容を練り、吟味することこそが肝心であると言う本もある。私は程々が肝心であると考える。あまり固くなってアウトプットの回数が減っても良くないし、かといって垂れ流しに言いたいことを言っていても良くない。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://teikan.blog32.fc2.com/tb.php/634-7a577c0b

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。