スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥行きが必要

最近、生徒に語ってやれることの少ない自分がいかに薄っぺらな人間であるかを自覚した。自分が体験したことってやっぱり活き活きと語れると思うんだよね。例えば高校教師をしていた経験のあるK先生は荒れた高校の授業の様子を語り危機感を煽ったりしている。ベテランのS先生は毎年の入試の傾向から実践的なアドバイスを授業のそこかしこに挟み込み生徒の集中力を高めている。僕ももっと工夫せねばと思うのだけれど、何もしてこなかった自分が語れることは哀しいくらいに零で、最低に永い90分を生徒に味わわせているのです。

コメント

んなことないはず。
実際の勉強でなくても、あらゆる経験から話はつなげていける。
一見無駄でも話をしないよりはずっといい。

と思うのです。

確かにそうなんですが。
盛り上げるのは簡単なんだけど勉強に対するモチベーションを上げるのはなかなか難しくって。
本気で接するのが一番いい方法なのはわかっているのですがそれは疲れるのですよw

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://teikan.blog32.fc2.com/tb.php/596-90ad5af0

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。