スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハチはなぜ大量死したのか

帯のコピーに目を惹かれて買いました。
「今年度もっともスリリングな科学の書」
「北半球で300億匹のミツバチが死んだ」

ミツバチの大量死は映画『ハプニング』の
導入のネタにも使われていましたね。

読み始めると面白くて止められなかった。
お陰でここ数日間寝不足です。

CCD(蜂群崩壊症候群)という怪現象、
その原因を追求する過程がスリリングで、
早く続きが読みたくなる。

犯人は寄生虫?殺虫剤?農薬?宇宙人?
ウイルス?抗生物質?ストレス?携帯電話?

しかしそれだけではなく、

現代農業がいかに病んでいるか、
僕たちの食の安全の危うさ、
そして自然の偉大さを思い知る一冊。

ハチミツ食べよう!

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://teikan.blog32.fc2.com/tb.php/589-06601d29

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。