スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皇国の守護者 第4章 俘虜

 不快な記憶など封印してしまい、楽しいことだけを思いだせ、そう主張する者が存在することは新城も知っている。しかし彼はそうした考え方に同調できない。
 いや、はっきりと蔑んでさえいる。それは何も見ないということ。自分の欠点に気づかぬまま無自覚に生きるということにつながるからだった。とてもではないが耐えられない。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://teikan.blog32.fc2.com/tb.php/504-0ec12dae

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。