スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Note

レストランで料理を作るとき、
調理人はいくつかの気持ちに従って
料理を用意するのが常です。

・お客様が喜んで注文してくれるであろう
 わかりやすい料理
・お客様がそれを目指してやってきてくれる、
 そのお店やその季節を代表する料理
・お客様にはわかりにくいかもしれないけれど、
 どうしても食べて欲しい料理
・お客様のふところにやさしい、
 手を出しやすいこなれた料理

自分は今日、どの料理を食べにきたんだろう、
ということをまず決めましょう。
そしてその料理が果たしてコース料理の中にあるのか、
それともアラカルトの中にあるのか、
それを考えながらメニューをみる。
例えばこう言う具合に試してみましょう。

ほぼ日『おいしい店とのつきあい方』より

コメント

カテゴリーが就活なんですね?
あらゆる職業に通じるものがあるってことですか。

うむ

自分が望んでいる働き方とか、
企業が求めている人材とか。

働きだしてからもそうだと思うし。

何が求められているのかとか、
何を提供したいのかとか。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://teikan.blog32.fc2.com/tb.php/330-32d77ef2

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。