スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瞬着

・散髪
髪を切りました。なんと五ヶ月振りの散髪でした。鬱陶しかった長い髪ともこれでおさらばです。ホントは毎月散髪したいくらいなんですけどねぇ……時間がねぇ。ああ、耳に髪が掛からないことがこんなに気持ちいいことだったなんて忘れていた。

・里心
久しぶりに実家に帰って里心がついたのか、秋だからなのか、日曜の夜だからなのか、ちょっと切ない気持ちです。サザエさん症候群とはちょっと違うような違わないような。秋だしなぁ。胸の空洞を埋めたい衝動に駆られますね。どうやっても埋められないから困っています。

・野良
野が良いと書いて野良と読む。野生の生き物は皆一様に美しい。野良猫ですら美しい。ところが一旦ヒトに飼われてしまうと急に不自然になる。可愛らしくはあるが美しくはなくなる。野良になれば人間だって美しくなれるのだろうか。……あれ?それってホームレス?

・サバイバル
さいとう・たかをの『サバイバル』という漫画が今、ペーパーバックで再販しています。あれはなかなかショッキングな漫画です。読み終わった後のなんとも言えないあの気持ち……はだしのゲンっぽいか?
スポンサーサイト

納涼ハンター

・後悔先に立たず
お腹が減って目が回ってきたから少しでも腹の足しにと毒消し草を食べて、一歩踏み出したら毒矢が飛んで来たって感じです。喩えが解り難いですかね?昔捨てたものが急に惜しくなることってあるじゃないっていう話です。

・多忙は怠惰の隠れ蓑
え~、今、死ぬほど疲れております。なのに寝る気にならない私は社会人失格でしょうか。だって体の疲れに委せて眠ってしまうと仕事の時間まで絶対に起きないもん!そしたら働いて飯喰って寝るだけの無味乾燥な一日の出来上がりだよ!なんかしたいじゃん!

・王様の仕立て屋
多分働き始めてから買い始めた漫画だと思うのだが、王様の仕立て屋が面白い。元々レモンハートとかの蘊蓄系の漫画は好きだったからなぁ。仕立て屋が仕立てとコーディネートで何でも解決っていうゴリゴリ1パターンのストーリー展開だけど面白い。多少蘊蓄も溜まるしね。

・サービス券輪廻の輪
いや、聖☆おにいさんの話じゃないけどね、お客様は神様って発想はどうよって思うのですよ。お客様の要求には切りがないじゃないですか。このサービス業界の偏ったサービス競争が生み出した魔物がモンスターペアレント&チャイルドではなかろうかと思う今日この頃。輩を付け上がらせてどうすると思ったり思わなかったり。金払えば何をしてもいいって思ってる輩が少なからず居て参る。

コアラのマーチのパッケージは切ない

・御し難い
原因が、本質がわからないから対処のしようがない。堪えるしかない。堪えきれなくなると、御し難いな、となる。原因が、本質がわかっていても対処のしようがないことも多いですけれど。耐えねばならんのだよ。

・自尊心
自尊心が満たされると気持ちがいいね。僕の自尊心はちっぽけだからすぐに満たされて都合がいいね。それはそれで幸せなのかもしれないね。

・予想を裏切る
どんなんだろう?と予想をしながら、予想もつかない展開を期待するのが人間ってものではないでしょうか?例えば本を買うとき、それもハウツー本や学術書なんかじゃなくて物語やミステリを買うときには、内容について予想をしますね?もしもその内容があなたの予想とぴたり一緒だったらどうでしょう?本を買わない人は映画でも料理でも何でもよろしい。予想通りってのは、期待通りってのは、意外と期待はずれであることが少なくないのですよ。

・センチメンタル
どういうわけか僕は、セルロイド人形とか、なんというか、昭和初期?白黒テレビからカラーテレビに移り変わる時代というか、その辺りの青い色?を見ると切なくなるのです。多分地震で潰れてしまった母方の祖母の家のイメージなのです。でも地震が起こる前からそうだったので地震は関係ないと思うのです。地震が起こる前と言ったら僕は小学生ですよ。そんな頃から特定の青色を見ると切なくなるのですよ。なんでなんでしょうか?先日コアラのマーチの箱をぼーっと見ていたら同じ気持ちになったのはちょっとした発見でした。

・眠れない
最近たまに眠れない夜があります。先のことを考え過ぎて脳が活性化してしまって眠れなくなるのです。やる気が出ているのはいいことなんですが眠れないのは困ります……。

他人からの目

・コミュニケーション
複数の人たちから複数回指摘されている僕の欠点として、自分への指摘や助言を真摯に受け止められない、ということが挙げられます。自尊心がその原因だと考えていたのですが、そもそも僕の自尊心が強い原因は何だろうと考えてみると、幼少期のコミュニケーションに関するトラウマが根っこにありそうな気がしました。なるべく気をつけることで克服しようと思っています。

・1年前の自分
去年書いていたノートを読み返すと、去年の自分はがんばっていたんだなぁと思う。今の僕はというと、なんと適当なものだろうか。場当たり的な、その場しのぎの仕事しかしていない。こんなことでは伸びないなと思った。少し改めるとしよう。

・権利
僕はいくつかの権利を持っています。その中には債権と呼ばれる物が含まれています。債務者に特定の行為を要求することが出来る権利です。債務者に債務の履行を要求するかどうかで少し迷っています。法的には正当な権利なのですが、私的感情を交えて考えると迷ってしまいます。あ、八方美人。

仮面ライダーW

・仮面ライダーW
今度のライダーは合体もの?二人の男がそれぞれライダーの右半身と左半身に変身するんですが……、色々考えるねぇ。仮面ライダーはブラックとRXのシャドームーンが大好きでした。それから電王は面白かったですね。かっこいいと思うのは、やはりクウガやアギトあたりです。映画を最終話にするのはやめて欲しいなぁ……。

・七夕
なーんとなく、織姫と彦星は恋人同士というイメージがあったんですが、実は夫婦だったんですね。調べてみてびっくりしました。夫婦生活が楽しすぎて二人とも働かなくなり、天帝が怒って天の川で二人を引き離したんですって。何で今更七夕かって?理科で天体の授業をするからですよ?

・内弁慶
昨日興味深い話を聞きました。プライドの高い人は内弁慶である確率が高いそうです。とある塾の先生の経験則なんですけどね。プライドの高いことには他に引けを取らないつもりである僕にとってなかなか興味深い話でした。プライドの高い生徒は、授業では大人しいが家では偉そうにしていることが多いと。なにかこう、理想と現実とのギャップに苦しんでいるんでしょうなぁ。

・○○にだったら話せる
家族にだったら話せること、同期にだったら話せること。家族にだから話せないこと、同期にだから話せないこと。ありますよね。そんな中で、あの人にだったら話せると、そう思われるような人になりたいと思いました。どうやったらなれますかね?

余力

環境を変えるには膨大なエネルギーが必要になる。心機一転環境を変えるためにもエネルギーが必要なのだから、あまり追い込まれてしまうのは得策ではない。背水の陣というのは敷かなくても済むように努力すべき、極力避けるべき策だ。ある程度の余力を常に残しておきましょうねという話。

出力

・インプットとアウトプット
多くの人が本はたくさん読んだ方がいいと言う。しかしまた、多くの人が本をたくさん読むだけでは駄目だと言う。昨日書いた三多もそうであるが、本を読む、つまりインプットに対して、表現する、つまりアウトプットが重要であると唱える人が少なくない。

・アウトプットが何故重要か
アウトプットは理解を深める手助けになる。表現をする過程で仕入れた情報の本質を理解するというのは納得しやすい。理解までは行かなくとも、自分なりの解釈という物をもたなければ良い表現は出来ないからだ。人に話しているうちに考えがまとまってくるといった経験は誰にでもあるのではないだろうか。

・アウトプットの機会
幸い今の世の中にはアウトプットの機会が昔と比べると増えたようである。語ることと書くことと芸術という手段は変わらないが、それを多くの人に伝える手段が出来た。即座に多くの人に伝えることが出来るというのは目的意識の形成に役立つ。目的意識は継続に役立つ。

・アウトプットする内容の質
アウトプットなら何でもよろしいと言う本もあれば、アウトプットする内容を練り、吟味することこそが肝心であると言う本もある。私は程々が肝心であると考える。あまり固くなってアウトプットの回数が減っても良くないし、かといって垂れ流しに言いたいことを言っていても良くない。

パンドラサーガ

・三多
看多(多くの本を読む)、做多(多くの文を書く)、商量多(多く工夫し推敲をする)。看多は出来てるから次は做多かな。ブログの更新頻度を上げてみるか。

・新しい試み
というわけで1記事につき1テーマにこだわらずに徒然と書いてみることにした。その方が書きやすいし書きやすければ更新頻度も上がるだろうと思ったからだ。

・恩着せがましい
何をするに付け恩着せがましい人っていますよね。実は僕もそんな人間の一人なのかもしれないと思いました。感謝されたがりというか、まぁ恩着せがましい。自分に自信がないことの現れなのかなと思っております。

・欠乏
仕事をするようになってよく使うようになった言葉。主に社員同士で仕事の話をするときに使います。どんな会社だw

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。