スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狐笛のかたな

狐笛のかなた (新潮文庫)狐笛のかなた (新潮文庫)
(2006/11)
上橋 菜穂子

商品詳細を見る

久しぶりに更新します。
面白い本を読んだので。

僕が最初に読んだ上橋菜穂子さんの本は「守り人」シリーズです。文庫版で読みました。NHKでアニメ化されるちょっと前ですね。もちろん「旅人」シリーズにもハマったし、「獣の奏者」も読みました。
でも「狐笛のかなた」はタイトルが悲しそうなイメージだったので後回しになっていました。それに「狐笛のかなた」よりも「獣の奏者」のほうが冒険の臭いがするじゃないですか。

読んでみたら、やっぱり悲しい話でした。いい終わり方をするんですけどね。ちょっと暗めの、表紙の狐のような、透明なブルーのイメージの本です。でも、読んだらが解れます。

過去は変えられない。だから過去に固執するのは愚かなこと。未来のために、過去にこだわらずに最善手を。
スポンサーサイト

有頂天家族

有頂天家族 (幻冬舎文庫)有頂天家族 (幻冬舎文庫)
(2010/08/05)
森見 登美彦

商品詳細を見る
 私の読む森見登美彦3作品目です。夜は短し歩けよ乙女→四畳半神話体系→有頂天家族の順に読んで参りました。『夜は短し~』と『四畳半~』は独特の快い言い回しで、主人公と黒髪の乙女の嬉し恥ずかしな一部始終が描かれているという点で共通だったんですが、今度の『有頂天家族』は狸です。遺憾ながら黒髪の乙女は出てきません。しかし糺の森はちゃんと出てきます。今までの森見登美彦とはひと味違いつつも、今までの森見登美彦です。
 それで、今までと違って家族愛が描かれているんですが、恥ずかしながら私泣きました。電車の中で読みながらぽろぽろ泣きました。何がそんなに琴線に触れたのか、イマイチはっきりとしないのですが、ぐっと胸にくるモノがあったんですね。タイミングがたまたまあっただけなのかもしれません。今読んだらちっとも泣けないのかもしれません。しかしやはり、全編を通して、切ない。哀愁漂う作品です。この切なさは『夜は短し~』と『四畳半~』には無かったモノです。森見登美彦の新境地かもしれません。
 もちろんちゃんと希望もあるし、笑えますよ。笑い転げる事請け合いです。

ハッピーになれる算数

ハッピーになれる算数 (よりみちパン!セ)ハッピーになれる算数 (よりみちパン!セ)
(2005/03)
新井 紀子

商品詳細を見る

数学が苦手な人のために新井紀子さんが書いた本です。よりみちパン!セというシリーズの本です。

僕は中学校までの数学は得意なので、一息に読めましたが、数学が苦手な人がこの本を読むというのは相当な苦行です。しかし苦行なだけに、読み切ったときには随分と数学ができるようになっているでしょう。

もしかしたら、もう一度学校に戻って数学を勉強したい!とさえ思うかもしれません。

実は数学とはそれくらい面白い物なのです。なんとかそれを子供たちに伝えてあげたいです。

この世でいちばん大事な「カネ」の話

この世でいちばん大事な「カネ」の話 (よりみちパン!セ)この世でいちばん大事な「カネ」の話 (よりみちパン!セ)
(2008/12/11)
西原 理恵子

商品詳細を見る
ジョン レノンの歌に「Love is …」
というのがありましたが、
この本は「Money is …」という感じです。

綺麗事で済まされないのが「カネ」の話です。

綺麗事で済ましてこられた人は、
「カネ」に困ったことがない人です。

そして、困るまでその大切さに
なかなか気付けないのが人間でして。

子どもができたら絶対に読ませようと思う。

サクラダリセット CAT,GHOST and REVOLUTION SUNDAY

サクラダリセット  CAT, GHOST and REVOLUTION SUNDAY (角川スニーカー文庫)サクラダリセット CAT, GHOST and REVOLUTION SUNDAY (角川スニーカー文庫)
(2009/05/30)
河野 裕

商品詳細を見る

帯にこう書いてあります。

――全国の書店員が認めた面白さ!絶賛の嵐!!――

確か平積みになっていたんだと思います。それで裏表紙の粗筋を読んだら僕が好きそうな超能力者物。しかも設定が面白そう。じゃあ買ってみるかという流れになりました。面白かったので買って良かったです。こういう出会いがあるから本屋さんは止められませんね。どれだけネットで買い物をする人が増えようが、どれだけ電子書籍が普及しようが、本屋さんのニーズがゼロになることはあり得ないと思います。もちろん減りはするでしょうが……。

よくある設定なんですけどね。現代日本っぽい街が舞台で、主人公たちは高校生で、それぞれ自分だけの超能力を持っていて、ある機関に所属していて、秘密裏にとある事件を解決する。

ちょっと珍しいのは舞台の咲良田が超能力者の街ってところでしょうか。ちょっと本文から引用すると、

――咲良田は日本の片隅にある街で、太平洋に面していて、なんとか市を名乗ってもいいくらいの数の人々が生活していて、そのおおよそ半数が特殊な能力を持っている。能力は千差万別で、大抵は物理法則に反していて、一応公的には秘匿にしたいらしいけれど人数が人数だけに誰も知らない秘匿という風にはならない。要するに咲良田は超能力者たちの街だということを、住民はみんな受け入れていた。――

という設定なのです。主人公たちの能力次第で面白くもつまらなくもなる設定です。なるべく汎用性が高くて、でも強力過ぎない能力がいいですよね。汎用性が低いと能力が使われるシーンが限定されるし、強力過ぎるとつまらないです。

タイトルの通り表紙の少女がリセットの能力を持っています。最大三日分の時間をリセットできます。確かに汎用性は高いけど強力過ぎます。というか便利過ぎます。なんでもありです。でもそこは、リセットするための条件を特殊にしたり、敵の能力も負けず劣らず強力だったりで見事にバランスが取られています。

文章は爽やかな青色というか若干中二病気味な主人公の語り口で彩られています。中二病を引きずっている僕には読みやすくて良かったです。というか僕は頭の中で悶々と考えるタイプの主人公が好きですね。少年漫画タイプの主人公はあまり好きではないかもしれない。

様々な能力によって、時間を超越して張られた伏線が回収されていくのはなかなか面白かったです。現在第2巻を読んでいます。第3巻は今年の夏に出るそうです。

発展コラム式 中学理科の教科書 第1分野(物理・化学)

発展コラム式 中学理科の教科書 第1分野(物理・化学) (ブルーバックス)発展コラム式 中学理科の教科書 第1分野(物理・化学) (ブルーバックス)
(2008/03/20)
滝川 洋二

商品詳細を見る

内容は中学理科の教科書なんですが、教科書内容以上の発展コラムが多いので、「ほー」と思えるまめ知識が得られます。コラム式で通勤などのちょっとした時間に読み切ることができるのもGoodです。

中学理科なんて忘れたわ!っていう人が勉強し直すのにもいいでしょう。ただ、高校受験を控えた学生さんが読むのにはお薦めできません。理科に興味のある中学生には多いに薦めますけどね。

科学の知識と生活を結びつける身近な例が沢山載っているのがいいですね。発展コラムの内容には移行措置で復活しつつあるイオンなども含まれています。

第2分野も持っていますが、どっちも面白いですよ。

化物語(バケモノガタリ)上・下

化物語(上) (講談社BOX)化物語(上) (講談社BOX)
(2006/11/01)
西尾 維新

商品詳細を見る
化物語(下) (講談社BOX)化物語(下) (講談社BOX)
(2006/12/04)
西尾 維新

商品詳細を見る

西尾維新氏の本は去年か一昨年に戯れ言使いシリーズを文庫本で買っていました。それが面白かったのと、恋愛サーキュレーションがえらいニコニコ動画で流行っていたので読んでみることにしました。

粗筋が知りたい人はWikipediaを読んでください。ここでは私の感想を書きますね。

あくまでも個人的な感想ですが、戯れ言使いシリーズよりも面白かったです。物語全体にアクセントとしてばらまかれているというか全テキスト量の半分位を締めると思われる主人公、阿良々木暦の突っ込みが面白かったです。女性キャラがボケて阿良々木が突っ込むという夫婦漫才のようなやり取りが秀逸でした。ヒロインが変わる度に芸風の違う夫婦漫才が楽しめるみたいな。

肝心のストーリーは……まぁよくある話なんですが。登場人物が魅力的なので、ストーリーの中身が練れていなくても面白いという、よくある類いのライトノベルですね。

しかし、あのテキストを駆使した夫婦漫才はアニメでは一体どんな風に表現されているのだろうか。

ちょっとした勉強のコツ

ちょっとした勉強のコツ (PHP文庫)ちょっとした勉強のコツ (PHP文庫)
(2008/11/04)
外山 滋比古

商品詳細を見る

タイトルを見てわかる通りのノウハウ本です。ただ、体系立てて書かれているわけではなく、作者が思いついた順番で並べてあるという印象。まぁ、随筆というわけです。

同じ外山滋比古氏の本ならば、『思考の整理学』の方が売れているかと思います。

思考の整理学 (ちくま文庫)思考の整理学 (ちくま文庫)
(1986/04/24)
外山 滋比古

商品詳細を見る

『思考の整理学』と本書には重複する部分が多々あります。頭を使うということにおいて、思考の整理と勉強に共通項が多いからなのでしょう。

タイトルの通り本当に“ちょっとした”コツが書かれています。早起きしろだの、朝食を抜けだの、すぐに実戦できるものばかりです。言われるまでもないものもありますが、読んで損はなかったと思っています。仕事でネタとして使えましたし。

はじめての落語。春風亭昇太ひとり会

はじめての落語。 春風亭昇太ひとり会 (ほぼ日CDブックス)はじめての落語。 春風亭昇太ひとり会 (ほぼ日CDブックス)
(2005/05/16)
糸井 重里

商品詳細を見る

本なのかCDなのか。まぁCDブックです。

落語ってビジュアルも大事だなと思いました。
音だけでも面白いんだけど、なんか。
特に春風亭昇太氏は動きが面白いっぽいので。

それに多分会場の雰囲気とかもあるんでしょうね。
なんでも生が一番ということで。

『愛犬チャッピー』だけは好きになれなかったけど、
『人生が二度あれば』と『壺算』は面白かったです。

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。