スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

14連勤目

どうもお久しぶりの更新です。
特に書くこともないなと思い放置していました。

朧村正を買ったり、
ボーナスが少なくて凹んでたりしてました。

今日の演奏会はうまくいったんでしょうか?
スポンサーサイト

3MH2みたいな感じ

発信しても誰からもリアクションがないらしい。
当事者意識がない感じ。
祭りに参加してこない感じ。
祭りを盛り上げようとしない感じ。
祭りのお客さんな感じ。

みんなで造るお祭りなのにね。
お客さん気分なんだね。

一部のやる気のある人は、
やる気のない人のことは考えないで、
やりたいようにやるだけ。

やる気のない人をやる気にする方法とかは、
考えない。

祭り全体のことは、考えない。
自分がやりたいことをやる方法しか、考えない。

突破口は……う~ん。

フェアウェルコンサート2009

先の日曜日に行ってまいりましたフェアウェル。
運良くお休みが取れたので。

団員として中で歌っていると気づかないけれど、
お客さんとして外で聞くと結構うまいよウチの団。

もちろん外から客観的に聞いていると、
長所だけでなく短所もよく見えますけれど……ねw
まぁ短所は早めに自覚をして追々直せばいいし。

いいものを見してもらいました。
僕もがんばらなあかんなぁと思いました。
ありがとうございました。

卒団生のみんな、卒団おめでとう!

罰金は刑罰

今になって思えば

いや、当時も思ってたけど

遅刻したら制裁金て基地外か

まぁ、そんな僕は今も遅刻魔です

絶対評価と相対評価

絶対評価で銀賞、相対評価で五団体中五位。
この評価をどう捉え、どう活かすかは自由だ。

しかし、この評価を得るためにコンクールに
出場したという事実を忘れてはならない。

夏合宿2008

14,15日と連休が取れたので、
ハチ高原まで合宿を見に行った。

丁度同じ日程でピエールとサチオが行くので、
ピエールの車に便乗させてもらった。
ラッキィである。

途中でマツコとキョロちゃんと合流。
マツコとキョロちゃんは日帰りだ。

練習を見学していたが退屈だった。
数小節ごとにコウヘイが止めるし、
練習を重ねても全然変化しないし、
所々音とリズム違うし。

3拍目を素通りしているのをカトユリが注意した。
しかし数秒後には注意されたことを忘れていた。
元の木阿弥。
我慢できずに口を出してしまった。
マツコがバシルーラを唱えたがMPが足りない。

三時間くらい見学したのかな?
その間で一番みんなが集中していたのは、
ヤスが泣いた後だった。

結局、人は心でしか動かないということだ。
他人の本気を人は心のどこかで感じるのだ。

ヤスの本気に僅かな間ではあるが応えられた、
まだ腐りきってはいないということだと思う。

みんな駄目になってしまったと嘆くばかりでなく、
本気で行動をした方がいい。
現状をどうにかしたいならば。

余談だが有志芸は楽しかった。
クオリティも上がっているような。
でも班別のクオリティは激しく下がっていた。
格差が開いている。
上は下を引っ張り上げなければ行けないし、
下は上に喰らい付いていかなければならない。

外側から見た合唱祭

舞台の上の人たちは楽しそうでした。
それを見る観客の目は好意的でした。

聞いた話から想像していたよりもよかった。
でも、もっとよくできたでしょ。

組織構成員の役割の話

何かの目的の下に人が集まればそれは組織だ。
目的や規模の大小に関わらず組織だ。
多細胞生物だって大きい意味では組織だ。

組織は統合されなければならない。
統合するために必要なのは情報伝達機構だ。
多細胞生物でいうところの神経細胞だ。

伝達しなければならない情報の量は
組織の大きさに比例する。

しかし大きい組織は小さい組織に比べ、
構成員の役割分担が明確になる。

構成員の役割の特化は情報の伝達を阻害する。
保有する情報に差異が発生するからだ。

少しでもその差異を埋めるべく、
大量の情報をやり取りする必要がある。

種々の通信端末が浸透した昨今、
そんなに難しいことではないが、
面倒くさいことではある。

しかし、組織は統合されなければならない。

各構成員からの盛んな発信と、
発信を集約するシステムが必要だ。

掲示板なんかがいいと思う。

ゆとり教育の弊害か?

結局何が一番しんどいって
日本語が通じないことが一番しんどいよね

何で日本語が喋れない人が
こんなに沢山大学にいるのか

結局何が言いたいかっていうと

日本語でおk

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。